日本で起業を成功させるために

やはり、新産業はITの中にある

 

やはり、新産業はITの中にある

 

2017年頃から、日本でまた新しい産業が生まれたと思う。それはゲーム産業だ。昔からある産業じゃないかと言う人がほとんどだと思う。

 

しかし、インターネットを活用した今のゲームは、キャラクターの動きやデザインなど極めて鮮明になり、数年前とは比べ物にならないレベルにレベルアップした。

 

これから、このゲームを今まで楽しんでいなかった大人の人たちも巻きこんでまたゲーム産業が大ブームになると思う。

 

だから、これから、10年ぐらいは、ゲーム開発業者の億万長者が続出することになるだろう。これから日本で起業するなら、ゲームは超有望産業となる。

 

それから、スマホを使った産業で今最も注目は出会い系アプリだ。

 

これも間違いなくこれから、超有望産業となる。サイバーエージェントが親会社となり運営しているタップル誕生などは、300万人もの会員を獲得するまでに成長してしまった。

 

へたをすると、フェイスブックやツイッターにせまる日本の一大産業となる可能性も出てきた。

 

今まではITやゲームはもういろんな人たちが食い散らかした停滞産業だとコメントする人たちがたくさんいたが、新しい技術革新で生まれ変わったこれらの業界は、これから、企業する人たちにとって大チャンスの場を与えてくれるだろう。

 

そして、もう1つ超有望産業がある。それは電子コミックだ。この分野も、とてつもない発展をとげており、今やスマホユーザーはゲームか出会い系アプリか電子コミックかこの3つしか使わないぐらいに変わってしまった。

 

同人コミックを配信しているFANZA同人などは、いろんなサービスや同人コミックの品揃えの速さ新しさで、同人誌ファンに圧倒的な支持を得て大きな利益を得ている。

 

大ヒット作もどんどん制作されていて、FANZA同人専売の作品で、夏が終わるまでのような大ヒット作が毎年のように生まれている。

 

これから、ゲームと同じく電子コミックの分野でも、FANZA同人のような先進的な電子コミックサイトが増えて億万長者が続出するだろう。